米国NLP協会認定プラクティショーナー

米国NLP協会認定プラクティショーナーコースを開催します。

受講日数

7日間

2017年
01月07日(土) 10:00-19:00
01月08日(日) 10:00-19:00
01月09日(月) 10:00-19:00
01月14日(土) 10:00-19:00
01月15日(日) 10:00-19:00
01月21日(土) 10:00-19:00
01月22日(日) 10:00-19:00

7日間 全ての日数の参加が必要です。
欠席された場合は補講か、次回の開催時にその回の分を参加してもらいます。
多少時間が延びる場合があります。

費用

378,000円(税・テキスト・認定証込)
銀行振り込み明細書をもって領収書の発行に代えさせていただいています。

申込締切
12月20日。
最低開催人数3名。

開催地

東京都北区周辺

講師

稲垣正信(米国NLP協会認定NLPトレーナー 2006年より)

内容

1.NLPの基本的な前提と行動との統合
2.ラポールの構築と維持
3.言語&非言語のペーシング&リーディング
4.言語&非言語の反応の導出
5.感覚の経験を通してのキャリアブレーティング
6.表象システム(感覚の叙述語とアクセシング・キュー)
7.ミルトンモデル、メタモデル
8.よくまとめられたゴール、方向、そして現在の状態の導出
9.表象システムのオーバーラップとトランスレーティング
10.全感覚システムでのアンカーの導出、インストール、活用
(スタッキング、スライディング、チェイニング、コラプシング、空間、ヴィジュアル・スカッシュ等の各アンカー)
11.意識のシフトのための能力
12.サブモダリティ(タイムライン、ビリーフチェンジ、スウィッシュパターンなどを含んだ活用)
13.全方位のチャンキング
14.リソースにアクセスする、リソースを築く
15.内容と状況のリフレーミング
16.メタファーの創造と活用
17.ストラテジーの発見、導出、活用、インストール
18.行動や態度の柔軟性のデモンストレーション
19.催眠誘導、二重誘導
20.恐怖症/トラウマの治療
21.メタプログラム

講座の方針

講座内容については、米国NLP協会から指示がありますのでそれに従って行います。ただし、NLPはどこにフォーカスするかで別物のように変化するところがあります。最近はビジネス寄りのNLPが多いのですが、私自身が病気で倒れた際にNLPに助けられていることもあり、『活きるためのNLP』についてフォーカスしていきたいと考えています。それは、NLPを使って自己の内面と向き合ったり、良い状態をキープすること、落ち込んだ状態から自分を立て直すことなどです。

お申込み

お申し込みは、こちら

システム上、銀行振り込みの申し込みになっていますが、支払いは人数確定後ですので、受講を希望される方は登録しておいてください。追って連絡いたします。

新規受講生を優先しますので、再受講の場合、もしかしたら参加できないこともありますのであらかじめご了承ください。