米国NLP協会認定マスタープラクティショナー

米国NLP協会認定マスタープラクティショナーコースを開催します。

受講日数

7日間 全ての日数の参加が必要です。
欠席された場合は補講か、次回の開催時にその回の分を参加してもらいます。
多少時間が延びる場合があります。

開催地

東京都北区周辺

講師

稲垣正信(米国NLP協会認定NLPトレーナー 2006年より)

内容

  1. ビリーフの変換
  2. メタプログラムの導出と活用
  3. クライテリア
  4. クライテリアの特定と活用
  5. クライテリアの調整
  6. スライトオブマウスパターン
  7. 意図的なマルチレベルのコミュニケーション
  8. リアリティのスタッキング
  9. タイムラインパターン
  10. 前提のスタッキング
  11. 時制と空間的述語
  12. 交渉
  13. 推進システム
  14. ストラテジーのインストール
  15. 閾値パターン
  16. 一般化の破壊&新しいものを築く
  17. 素早い誘導、深いトランス現象
  18. 深いトランスの識別(同一化)

講座の方針

講座内容については、米国NLP協会から指示がありますのでそれに従って行います。ただし、NLPはどこにフォーカスするかで別物のように変化するところがあります。最近はビジネス寄りのNLPが多いのですが、私自身が病気で倒れた際にNLPに助けられていることもあり、『活きるためのNLP』についてフォーカスしていきたいと考えています。それは、NLPを使って自己の内面と向き合ったり、良い状態をキープすること、落ち込んだ状態から自分を立て直すことなどです。