エモーションフリーの不思議

いながきです。

エモーションフリーを通して、人の不思議についてアプローチ中です。
人の記憶は単純に嫌なことがあると低下します。

実際の例で、あまり思い出したくないことを抱えていると、記憶自体を思い出しにくいものにしてしまうので、過去のことを聞いてもあまり覚えていません。

エモーションフリーをして解放をすると、今まで思い出せなかった良い体験を思い出したりして、いい気分になれます。

これは、記憶というものが、いい記憶、悪い記憶を分けて取り扱うのではなくて、全体で記憶という塊を取り扱っているので、いい悪いのく別はあまりできなくて、悪い(思い出したくない)記憶について、思い出さないようにするとつられていい記憶も思い出しにくくなると言うことだと思われます。

結果として、過去の記憶が著しく少ない(思い出せない)ということになります。実際に生きて行くには、現在とちょっと前の記憶があれば問題がありませんから、それでもいいのですが、良かったことを思い出して下さいと行っても何も出ない場合、過去に問題が発生しています。

解決するしないは本人の自由だと思っているので、無理強いはしませんが、いい記憶がないと人生を楽しめないですよね。